MENU

お問い合わせ

ビザ申請において、このようなお悩みはございませんか?

・ビザ申請に必要な書類について、入管のホームページやネットで調べたけど、よく分からない。
・申請するビザの審査要件が自分の状況でも通用するのか確信がない。
・周りからそのビザ申請は無理だと言われたけど、真相をたしかめたい。
・再申請のにまた不許可になる不安で、夜、眠れない

一見、難しい申請のように見えでも、入管の専門家から見れば、入管法の審査要件に適した書類の準備、また、(何かの問題がある場合での)適切な説明で、申請が許可されることがほとんどです。もちろん、「資格該当性」があることが前提条件にはなります。

以上、何か問題があるビザ申請や訳ありのビザ申請においては、以下のことを考慮する必要があります。

①自分が行う申請は、入管が定めてルールに適しているのか?
②自分が行う申請の立証資料(添付資料)は、自分の「在留資格該当性」などを立証することに十分なのか?
③自分が行う申請の立証資料に一部不足がある場合、適切な説明ができるのか?

この3点の疑問に対して、明確な答えを持っているの方は、当職のような入管業務の専門家に問い合わせする必要がないでしょう。しかし、この3つの疑問点について、明確な答えをもってない方は、その申請が許可になるとは限りません。

ビザ申請が一回不許可になり、再申請することになると、入管も慎重審査することになり、ハードルが高くなります。ビザ申請は、できれば、一回の申請で許可を取ることに越したことはありません。

全国対応・無料相談・年中無休で対応します。

Noah国際行政書士事務所では、47都道府県どこでも、年中無休で無料相談の受付いたします。相談方法は、メール、Line、電話、Zoomなど、柔軟に対応いたします。

外国人にとって、ビザは命の次に大切なものであり、当職も外国人であるため、この大切さを身をもって経験しています。
ビザ業務を専門とする先生のなかで、(資本主義の社会なので)受けた報酬以上の仕事をしない先生もいらっしゃるかもしれません。おそらく、限りのある時間を有効に使うのは、経営者として正しい判断かもしれません。しかし、当職は、報酬が少ないからといって、時間と努力を惜しむことはしません。申請人(側)がビザ申請を当職に依頼することは、(申請人)の人生を当職に託したと思うからです。それだけ、当職は、ビザ申請をするときは、強い責任感で最善を尽くしています。当職は、医師ではありませんが、医師のように(申請人の)命を預かているつもりで、入管法を勉強し、真剣に実務をこなしてきました。

ビザ申請のプロが、豊富な経験と実績で、あなたの悩みを解決します。申請人の気持ちに寄り添い、全力でサポートします。ビザ申請において、何か不安要素がある方は、一人で悩まないで、まずは、気軽いご連絡ください。お話を聞いたうえで、申請人(側)が取れる最善の道をご提示いたします。

お問い合わせ方法

お問い合わせフォームでの問合せ

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
個人情報保護方針
ご質問・ご相談は、以下の専用フォームよりお気軽にお問い合わせください。なお、メッセージの送信を持って、当事務所の個人情報保護方針に同意いただいたものとさせていただきます。

電話・Line・メールでのお問い合わせ

問い合わせ方法

①電話受付(平日:10時~19時)


 070-9064-2212

②SNSでの受付

ラインのQRコード
ライン友たち追加(日本人・外国人向け)
カカオトーク友たち追加(韓国人向け)

緊急に相談したい方は、SNSでご相談ください!

③メールでの受付
当事務所のホームページ問合せフォームか、当事務所のメールにてご連絡ください。

事務所へのアクセス

PAGE TOP